ホンダ、新型ステップワゴン、ステップワゴンスパーダとは?

2015年4月、フルモデルチェンジ。街乗り実燃費は11km/L前後。

2015年フルモデルチェンジの主な変更点

①総排気量を2Lから1.5Lに変更し、燃費性能を向上。
②車高が、旧型より25mm高い。
③バックドアを横開き・縦開きの両方を可能とした「わくわくゲート」を採用
④3列目座席を床下格納できる「マジックシート」を採用
⑤先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を採用(全グレードメーカーオプション)

歴史

1996年5月→初代ステップワゴン販売開始
2001年4月→2代目販売開始(フルモデルチェンジ)
2005年5月→3代目販売開始(フルモデルチェンジ)
2009年10月→4代目販売開始(フルモデルチェンジ)
2015年4月→5代目販売開始(フルモデルチェンジ)※現行モデル

グレードと価格(税込)

()括弧内は、4WD

B¥2,288,000(¥2,547,200)
G¥2,480,000(¥2,717,600)
G・EX¥2,588,000(¥2,804,000)
SPADA¥2,725,000(¥2,962,600)
SPADA・Cool Spirit¥2,887,000(¥3,081,400)

燃費( JC08・km/L)

B17.0(15.4)
G17.0(15.4)
G・EX16.2(15.4)
SPADA16.0(15.0)
SPADA・Cool Spirit15.4(15.0)

人気のグレード(税込)

SPADA Cool Spirit/2WD(¥2,887,000)
G・EX/2WD(¥2,588,000)

税金・諸費用

自動車取得税→約¥26500円
自動車重量税→約¥15000円
自動車税→約¥11,500円
自賠責保険→約¥40,000円
リサイクル料金→約¥10,000円
販売諸費用→約53,000円


合計→約¥156,000前後

グレードによる違い・比較

スパーダ動画

ノーマルステップワゴン動画

「ステップワゴンスパーダ(クールスピリット含む)」と「ステップワゴン」の違い
販売台数の7割以上がスパーダ。
「スパーダ」「スパーダクールスピリット」には、以下のものが標準装備。
※通常のステップワゴンにはない。
①メッキフロントグリル
②LEDヘッドライト
③フォグライトがついている。
④本革ステアリングハンドル
⑤専用アルミホイール
⑥サイドエアバック・サイドエアカーテン
スパーダクールスピリットのみの特徴
「スパーダ」の機能に加えて、「スパーダクールスピリット」には以下のものが標準装備
①パドルシフト
②シートヒーター
③後部座席エアコン
④本革ステアリングハンドル
⑤FF車は、ホイールサイズが17インチ
最下級グレード「B」のみの特徴
①わくわくゲートがない→バックドアの横開き機能がない。
②助手席側のパワースライドドアがない。(メーカーオプション)
③クルーズコントロールがない。
④2列目のテーブルがない。
⑤スマートキーがない。
「G・EX」と「G」違い
「G・EX」には、以下のものが標準装備。
※「G」にはない。
①シートヒーター
②後部座席エアコン
※「G・EX」はアルミホイールだが、「G」は、スチールホイール

基本情報

燃料レギュラーガソリン
燃料タンク52L
タイヤサイズ 「SPADA/CoolSpirit」のFF→205/55R17 その他のグレード→205/60R16
ホイールベース2890mm
乗車定員7人または、8人
総排気量1496cc
全長 全幅 全高
「SPADA」「SPADA/CoolSpirit」→4690
「B」「G」「G・EX」→4735
1695 FF→1840
4WD→1855
室内長 室内幅 室内高
3220 1500 1425

CM動画

試乗 動画

田村亮 動画

このページの関連ワード

このページの前後の記事

関連ページ